ECサイト市場に注目

お茶の間にインターネットが普及したことで、インターネットを使ったサービスも広がりを見せています。
その中でも多くの人が利用しているサービスの中の一つに、ECサイトがあります。
ECサイトとは、Eコマースのサービスを提供しているサイトのことです。
オンラインショッピングのサービスを行っていて、オンラインショップやウェブストアという名称で紹介されることも多いです。


ECサイトでは自社で販売している商品の説明をして、ネット上から購入できるようなシステムになっています。
ショッピングカードに商品を入れると、その商品を注文した扱いになります。
また商品購入に際しての決済システムも導入されています。
クレジットカード決済などに対応しているサイトも数多く、カードがあれば簡単に商品購入できます。
自宅から一歩も出ることなく、商品購入できるので、ユーザーは年々広がっています。


ECサイトの市場規模を見てみると、ここ数年毎年成長していることがわかります。
経済産業省のデータによると、2006年の市場規模は約4.4兆円でした。
それが2011年になると8.5兆円規模になっていますから、ほぼ倍の規模に膨れ上がっていることがわかります。


ECサイトのジャンルも多様化しています。
音楽や動画のネットワーク配信やインターネットバンキングを取り扱っているECサイトも出てきています。
そこでここでは、ECサイトの利用の仕方について紹介していきましょう。